1: 水星虫 ★ 2018/06/17(日) 18:43:39.62 ID:CAP_USER
真空管アンプでクラシック鑑賞

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20180617/5060000913.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

昔懐かしい真空管のアンプを使って、クラシックのレコード音楽を鑑賞する催しが、宮崎市で開かれました。

会場となった宮崎市立図書館のホールでは、集まったおよそ50人の親子連れなどが、
愛好家のアンプを使ったクラシックのレコード音楽を鑑賞しました。

真空管のアンプは、レコードなどの音源から出た小さな音の信号を
真空管を使って増幅させ、スピーカーで大きな音を流します。
現在のアンプは、半導体が組み込まれたものが主流ですが、真空管を使ったアンプは、
音色が柔らかいとして愛好家の間で根強い人気があり、集まった人たちは
格調高くも温かみのある音楽に目を閉じて聞き入っていました。

宮崎市の30代の母親は
「いつもにぎやかな子どももクラシックをしっかり聴いていました。
真空管のアンプの響きもよかったです」と話していました。

主催した宮崎真空管アンプ愛好会の河津哲夫理事長は
「たくさんの人が参加してくれてうれしかったです。真空管のアンプの人気が再び高まってほしいです」
と話していました。

06/17 11:27


※続きは下にスクロール
【【“真空管を使ったアンプは、音色が柔らかい”】真空管アンプでクラシック鑑賞・宮崎 】の続きを読む