1: 名無し募集中。。。 2018/06/26(火) 12:29:15.99 0
『うたコン』は、火曜のよる7時30分から放送されている音楽番組だ。
キャッチフレーズは“あなたの歌のコンシェルジュ”で、主にNHKホールから生放送。
司会は谷原章介が担当しているが、その美声での曲振りも含めて、まさにNHKらしい安定感を誇っている。
出演陣は、演歌、歌謡曲、J-POP、洋楽と幅広い。同枠の前番組『NHK歌謡コンサート』は演歌歌手がメインだったが、
2016年に出演歌手や楽曲の若返りを図り、現在の『うたコン』となった。

番組開始当時、NHKは「日本の音楽シーンの中心となる番組を目指す」と宣言し、初回視聴率は10.4%を記録(ビデオリサーチ調べ)。
現在も毎週ほぼ10%前後を維持しており、『のど自慢』を超えて音楽番組ランキング首位を獲得することが多い。
この人気の理由は何だろうか。民放の某音楽番組制作者に話を聞くと、
「生放送であること、基本的に生演奏、NHKホールだから客入れであること。この3点が大きい」という回答が返ってきた。

「生放送や生演奏がいいのは、音楽は何よりライブ感が大事だから。
まず生演奏とカラオケで比べると音の迫力が全然違うため、演者のノリ方がまったく違う。
さらに、そこに客入れがあると、ライブ感に拍車がかかる。演者のノリはさらに上昇するし、
お客のリアクションもあるため、演者にとってもっとも良い状況で歌える。
あと私が観て思うのは、“あんなにたくさんのバンドは入れられないなぁ”ということ。
例えば、ビッグイベントである『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)よりも演奏者や楽器の数が多い。
レギュラーの毎週の放送であれをやられたら…。民放ではお金がいくらあっても足りない」(某音楽番組制作者)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000351-oric-ent

100: 名無し募集中。。。 2018/06/26(火) 13:53:36.27 0
>>1
Mステもせっかく良い枠貰ってるのに
口パク素人集団ばかり出すから
今の惨状なんだよね
自滅してる認識ないのかなぁ


※続きは下にスクロール
【民法「NHKうたコンが羨ましい、生放送、生演奏、客入れ、民放でやったら予算が足りない」】の続きを読む